味噌汁を飲むことがダイエットに効果的な理由とは?

発酵食品が健康にいいことはよく知られています。味噌汁は発酵食品の代表的なものの一つです。

味噌汁は健康のみならず、ダイエット効果としても非常に大きな期待の持てる食品です。味噌に含まれる成分の働きによるダイエット効果と、味噌汁を利用した献立によるカロリーオフの両面によって、ダイエットを促進することができる点がメリットです。

大豆や味噌に含まれる様々な成分は、体の機能を高める働きがあります。その結果、代謝が促進され、脂肪燃焼に効果を発揮します。具体的には、大豆サポニン、イソフラボン、レシチン、ビタミンB群など、ダイエットをサポートしてくれる成分が多く含まれています。

また大豆には良質のたんぱく質が含まれているため、ダイエットにありがちな栄養不足を補うこともできます。大豆に含まれているロイシン、イソロイシンは脂肪燃焼に大きな働きをします。つまり、栄養不足に陥ることなく、健康的なダイエットができる食品が大豆や味噌汁ということです。しかも大豆を発酵した味噌は栄養の吸収もスムーズであり、大豆の持つ優れた効能を効率的に体内に取り入れることが可能です。

さらに味噌汁のダイエット効果を発揮するポイントは、中に入れる具材にあります。味噌汁単品では満足感が得にくくても、中に具材を入れることで満腹感と必要な栄養も摂取することができます。豆腐やうすあげを入れることもできれば、大根、玉ねぎ、キャベツ、わかめなどの野菜や海藻を入れることもできます。野菜や海藻を美味しく食べることができるため、野菜不足の解消にも効果的で、ダイエットにとってさらにプラスに働きます。

それに加えて汁物である味噌汁は、ダブルの炭水化物を防ぐ意味でも効果的です。チャーハンとラーメン、ご飯とうどんなど、汁物として炭水化物の多いものを主食と同時に食べてしまう場合がありますが、その代わりに汁物として味噌汁を取り入れれば、炭水化物の摂りすぎを防ぐ献立になります。

先に味噌汁を飲むことで充足感がアップし、食事の摂り過ぎを抑える工夫も可能です。味噌汁にじゃがいもなどの具材を入れれば、ボリュームがアップするため腹持ちもよくなります。

ご飯と麺類というダイエットにとってよくない組み合わせを改めることができ、健康的な料理としてのバリエーションを広げることができるのは味噌汁の良さです。1日1杯の味噌汁を心がければ、ダイエット効果として期待ができ、しかも健康効果も高まるため体の機能が回復し、そのこともまたダイエットを加速してくれる力になります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする