ダイエットを成功に導く食事方法とはどんなものなのか

様々あるダイエットの方法の中で一番効果があったという声が多いのが食事による方法ですが、一方で挫折したという声も多く聞かれるのがこの方法です。

ダイエットを成功に導く食事方法とはどんなものなのかをここで見ていきましょう。そもそもなぜ太ってしまうのか、それは摂取しているカロリーが消費カロリーを上回っているからです。食事とともにダイエット方法として人気のある運動でも、カロリーの消費量はそれほど大きくならないため、食事でのカロリー制限は重要になるのです。カロリーを制限できる食事方法としてまずあげられるのは炭水化物の摂取を抑えることです。

ご飯やパン、麺類に含まれる炭水化物には糖質が多く含まれ、過剰なカロリーに繋がりやすい食品と言えます。ダイエットをする場合は朝食、昼食の炭水化物を少な目にし、夕食では炭水化物を一切取らないようにすると効果的です。

ただし早く痩せたいからと言って炭水化物を一切排除してしまうと生活する上で必要なエネルギーが不足してしまうので避けましょう。食事制限でダイエットを行う場合に意識して摂取したい栄養素がたんぱく質です。ダイエットでは脂肪が燃えるとともに分解された筋肉の修復が滞りがちになり、燃焼の妨げになります。たんぱく質は肉や魚といった動物性のものや大豆製品に含まれる植物性のものがあります。

動物性たんぱく質を多く含む食品は大切なビタミン等を含みますが、脂質も多いため摂取量を控えめにし、代わりに豆腐や納豆といった植物性たんぱく質を多く含んだ食品を摂るとダイエットには効果的です。ダイエットでの食事制限時に意外に見落としがちなのが飲み物です。果汁が含まれる飲料には果糖が多く含まれていますし、カロリーゼロとうたわれる人工甘味料を使用した飲料もインスリン分泌を促してしまい脂肪を溜め込みやすくしてしまいます。

ダイエット時の飲み物は甘くない水やお茶を選びましょう。甘くないならアルコールは大丈夫とお考えの方もいらっしゃいますが、ビールやワインは糖質が多く含まれていますので避けるのが賢明です。どうしてもアルコールが欲しい時は糖質が少なめな焼酎などを選びましょう。色々制限の多い食事によるダイエットですが、過剰な制限は失敗につながるだけでなく、かえって太る原因になってしまいます。

極端に食べる量を減らすことで一時的には痩せますが、体が栄養不足と認識し脂肪を蓄える方向へと進んでしまいます。代謝も悪くなり肌状態は低下、体調維持も困難になってしまいます。そして何よりダイエットの大敵であるストレスを溜め込む原因になってしまいます。カロリーを摂りすぎない範囲でしっかりと食事をとることがとても大切なのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする