夕飯のお米半分ダイエットは継続していきたいと思える効果

会社の健康診断で、メタボリックシンドロームと認定されました。
そのときの体重は85kgで、腹囲は92cmでした。

40歳以上だと体重80kg以上、腹囲90cm以上からメタボリックシンドロームと認定されるようです。
うちの会社ではメタボリックシンドロームに認定されると、診断医から健康指導を受けます。
今回、健康指導でダイエットに成功したので、成功例をお知らせします。

指導医からアドバイスを受けたのが、食事の方法でした。

食事はこれまで、お米とおかずを交互にとっていたのですが、これが良くないようです。
一番良い食事の方法は、まずサラダを食べて、次におかず、最後にお米を通常の半分だけ食べると良いということです。
それも夕食だけ実践すればかなり痩せると言われました。

私は最初、半信半疑でしたが、実践してみたところ、みるみる痩せていきます。
実践して2ヶ月で体重が65kg、腹囲が82cmに減りました。

急に痩せたので、周りの人からは病気になったのか?と心配されるくらいでした。
最初のうちは空腹感があり、つらかったのですが、半月もすると慣れてきて、たくさん食べなくても満腹感を得られるようになりました。

また体が軽くなったので、腰痛や肩こりなどの持病も和らぎました。

ダイエット中は大好きだった晩酌をやめていたのですが、目標値である体重65kg、腹囲82cmに達することができたので今は晩酌だけは再開しています。

ただし、お米半分ダイエットは継続していて、晩酌を続けていても体重や腹囲は維持できています。
運動も特に実施せずに、夕飯のお米の量を半分にするだけで体重と腹囲がみるみると減っていく様は非常に痛快です。

メタボリックシンドロームの改善指導を受けて非常によかったと思っています。
体調もすこぶる良好です。

これからも夕飯のお米半分ダイエットは継続していきたいと思っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする